Top >  13年前に建てた家はあちこち不満だらけです

13年前に建てた家はあちこち不満だらけです

念願の新築の家を建てたのは13年前です。小さなアパートから引っ越し新居に入った時の感動は今も覚えています。当時3人の子供は小さかったので、5LDKの家は広く感じました。ところが、その子供たちも成長し、今では身長も大きくなり、リビングで5人で過ごすと狭くてしょうがないです。しかもいろいろな場所が壊れてきて古さを感じるようになりました。外観も色あせ、屋根なんて剥げ落ちています。特に各部屋が狭く感じます。こんなことなら各部屋をもっと広めに作ればよかったです。ケチって狭くしたのは失敗でした。部屋数はあるのに使いきれていないのです。住んでみないと家なんてわからないものなんですね。もっといろいろ調べてから建てれば良かったと後悔しています。

審査基準について

関連エントリー

銀行と住宅金融公庫の審査基準 住宅ローンの審査基準の項目 住宅ローンの審査が通りにくいケース 住宅ローンの審査の秘訣 住宅ローンの審査の実情 13年前に建てた家はあちこち不満だらけです 住宅ローンのボーナス払いについて