Top >  銀行と住宅金融公庫の審査基準

銀行と住宅金融公庫の審査基準

住宅の購入をする場合、即金で買う人は少なく、ローンを組む人が大半なので、そのローンを組むためには、住宅ローン審査基準について少なからず知識を蓄えておく必要があります。普通一般的に自宅の購入をする場合、よく利用するのが住宅金融公庫です。しかし住宅金融公庫は審査基準がとても厳しく、無理して購入したとしても満額を貸してくれることは少ないのです。

今現在では住宅金融公庫そのものは廃止になって、フラット35という長期固定金利のサービスを提供することで民間の金融機関とタイアップしているのですが、その審査基準も住宅金融公庫の審査基準と変わらないので、審査の条件的には変わっていません。そこでオススメなのが民間の銀行です。民間の大手都市銀行や地方銀行など各社が鎬を削ってサービスを展開しており、公庫融資が廃止された現在では、今後は民間銀行の融資を主力として考えた方が賢明です。

特に民間の銀行と不動産屋が提携している場合にはかなり低金利でローンを組むことができるのでいいでしょう。さらにこうした民間銀行の場合、抽象的なある程度の基準はあるものの確かな審査基準というものが公表されておらず、住宅金融公庫などと比べて年収による融資制限がかなり緩いので、低収入の若い年齢層の人でもある程度の基準さえ満たしていれば、頭金がない人でもフルローンが組めるようになっています。ただ住宅金融公庫のような明確な審査基準がないので各々の民間金融でバラツキはあります。

審査基準について

関連エントリー

銀行と住宅金融公庫の審査基準 住宅ローンの審査基準の項目 住宅ローンの審査が通りにくいケース 住宅ローンの審査の秘訣 住宅ローンの審査の実情 13年前に建てた家はあちこち不満だらけです 住宅ローンのボーナス払いについて