Top >  住宅ローンの審査基準の項目

住宅ローンの審査基準の項目

住宅ローンの審査基準というのは、申し込む人が返済を将来にわたって確実に行なうことができるかどうかが一番の基準のポイントになりますが、基準になる項目には、まず、年収および返済負担率があります。返済比率を年収をもとに検討して、総融資額を決定します。ただ借り入れ可能額と返済可能額は別なので、返済負担率のみを考えて負担の大きい借入をしないことが大切です。

次に勤続年数ですが、一般的には3年以上の条件が普通です。勤務先および業種も評価の指針になります。雇用形態も審査され、契約社員や自営業などは審査が厳しくなる傾向があります。各種ローン借り入れ状況や消費者金融などの借入状況も審査対象になります。借り入れ時と完済時の年齢も審査対象になり、完済時の年齢は80歳で、借り入れ時の年齢は60歳未満が一般的ですが、銀行や保証機関によって基準は異なります。担保評価額も審査対象とされ、返済不能に陥った場合、銀行がいくらで回収できるかどうかが評価されます。

所有資産も審査され、現在の資産、不動産、現金などの資産状況が一つの基準になります。健康状態も大切な審査基準であり、団体信用生命保険の加入要件が定められていることから、本人の健康状態が問われます。こうした項目が住宅ローンの審査基準になり、審査に受かるための裏技のようなものはほとんどなく、とにかく審査基準を一つ一つクリアしていくことです。金融機関によって多少審査基準は異なるものの、これらの項目を満たせば、まず問題ないでしょう。

審査基準について

関連エントリー

銀行と住宅金融公庫の審査基準 住宅ローンの審査基準の項目 住宅ローンの審査が通りにくいケース 住宅ローンの審査の秘訣 住宅ローンの審査の実情 13年前に建てた家はあちこち不満だらけです 住宅ローンのボーナス払いについて