Top >  住宅ローンの審査が通りにくいケース

住宅ローンの審査が通りにくいケース

住宅ローンの審査基準には色々な項目が設けられており、総合的に要件を満たしていなければ審査に通ることは難しいとされています。では、住宅ローンの審査が通りにくいケースにはどのようなものがあるかというと、まず、年収が少ないと審査には通りにくく、それには借入額に対する返済負担率を検討した時に、明らかに年収が不足している場合、そして勤続年数がかなり短い場合、あるいは勤務先の信用が低い場合、また転職したばかりや勤務先の会社が設立したばかりで会社の経営状態が芳しくない場合などが挙げられます。

雇用形態のケースでは、借り入れる本人が派遣社員、契約社員、会社役員、自営業者、個人事業主の場合は審査が厳しくなります。そしてローン・クレジットの状況も審査に大きく影響し、キャッシュカードの所有枚数が多い、クレジットの残額が多い、消費者金融などからの多数の借り入れがある、またクレジットに事故歴がある場合などは、審査が通りにくくなります。

団体信用生命保険の加入ができない健康状態にある人や5年以内に大きな病気をした人も審査に影響します。年齢のケースでは、完済時の年齢と借り入れ時の年齢が基準に達していない場合です。また住民票の移動がない、人や家族が済まない場合で、投資目的や収益目的などによって利用する場合は、住宅ローンの審査には通りません。これらが審査に通りにくい主な例になります。こうした項目に該当する場合には、申し込みを行う前に事前の対策を講じる必要があります。

審査基準について

関連エントリー

銀行と住宅金融公庫の審査基準 住宅ローンの審査基準の項目 住宅ローンの審査が通りにくいケース 住宅ローンの審査の秘訣 住宅ローンの審査の実情 13年前に建てた家はあちこち不満だらけです 住宅ローンのボーナス払いについて