Top >  住宅ローンの審査の秘訣

住宅ローンの審査の秘訣

住宅ローンの審査を受ける上での秘訣としては、まず今現在の自分の状況をよく知ることが大切になります。それには年収と返済負担率、そして勤務先の経営状況や業種、雇用形態、ローンの借入状況、借り入れ時と完済時の年齢、担保評価額、現在の資産、そして現在の健康状態などの自分の状況をしっかりとチェックする必要があります。これら全てに問題がないかをチェックし、もし1つでも問題があれば、対応を講じる必要があります。

次に住宅ローンの選択ですが、自分の現状をよく確認して住宅ローンを選ぶべきで、勧められるままの住宅ローンで審査をすると損をすることもあるので要注意です。そして次に大事なのは、事前準備でしょう。住宅ローン審査では良い印象を与えるために、クレジットやローンなどは事前に返済を済ませておくことが大切です。何といっても住宅ローン審査では、将来の返済力が重要だからです。

そして言うまでもありませんが、審査対応は好印象であることが大切です。住宅ローン審査の場合でも最低限のマナーは必要で、面談の際には言葉遣いや服装などを丁寧にして好印象を相手に与えることが肝要です。そして審査申し込み書類も丁寧に書くことを心がけるべきです。審査のほとんどは事前審査、本審査の2段階方式になっており、平均で2~5営業日要します。焦るとどうしても相手に悪印象を与えてしまうので、周到に審査に必要な書類を準備し、計画的に審査に対応しましょう。

審査基準について

関連エントリー

銀行と住宅金融公庫の審査基準 住宅ローンの審査基準の項目 住宅ローンの審査が通りにくいケース 住宅ローンの審査の秘訣 住宅ローンの審査の実情 13年前に建てた家はあちこち不満だらけです 住宅ローンのボーナス払いについて

女性必見!美肌のために青汁を飲みませんか?