Top >  住宅ローンの審査の実情

住宅ローンの審査の実情

住宅ローンの審査の実情は厳しいものがあり、新規の住宅ローン借り換え相談室へ申し込みをされた人で、事前審査と本審査が通って融資を受けられるのは、全体の3%から5%という報告がなされており、住宅業界の厳しい現実を物語っています。審査に通らなかった残りの人たちは、融資を受けることができずにマイホームの購入を断念したり、借り換えが出来ない人も続出しているようです。

事前審査に通らなかった人の20%は元々審査基準を満たすには十分でない人たちですが、残りの75%の人たちは、ごくわずかな差で通らなかった人たちです。こうした人たちは、審査基準のゆるい銀行に申請すればすぐに通ります。住宅ローンの審査基準の情報はネット上には氾濫しています。しかし、そこには審査基準をクリアするための的確な内容はないのです。それでも金融機関の審査基準をクリアすること自体はそれほど難しいものではありません。肝心な部分を整理していけばよいのです。

他の資格と同様、100点をとらなければ不合格というわけではなく、住宅ローンの審査基準も、ギリギリの基準でもそれを満たせばいいのです。住宅ローンの審査基準を満たすために、要点になる項目をしっかりと整理して、些細なことで審査に通らないようなことにならないように、事前に対策を講じておきましょう。住宅ローンを本気で確実に成立させたいなら、今の自分の状況を把握しながら用意周到な計画的な準備をし、審査を受けることです。

審査基準について

関連エントリー

銀行と住宅金融公庫の審査基準 住宅ローンの審査基準の項目 住宅ローンの審査が通りにくいケース 住宅ローンの審査の秘訣 住宅ローンの審査の実情 13年前に建てた家はあちこち不満だらけです 住宅ローンのボーナス払いについて