Top >  任意売却とは何か

任意売却とは何か

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けている人と各金融機関の合意にもとづいて、融資の返済が困難になった不動産を売却処分する手続きのことです。住宅購入には多大なお金がかかります。一括で支払うことができる人はまずいなく、住宅ローンを活用するという方がほとんどです。

しかしその住宅ローンも、現在の状況が続くことを前提としているものであり、突発的なトラブルにより支払が困難になる可能性があるのです。今の収入が続くなら大丈夫だと思っていても、その収入が絶対に続くというわけではありません。ある程度の貯金があれば支払続けることは可能ですが、それにも限界があります。そうなると、借金をしてでも支払を続けなければいけないのかということになります。

しかし任意売却ならその問題を解決してくれるのです。金融機関は融資の際に、融資の担保として購入した不動産に抵当権を設定します。そしてこの不動産を売る時には、抵当権を解除してもらうことが必要になります。しかし不動産の抵当権を解除してもらうためには、融資金の残額を全て返済しなければいけません。

任意売却は、金融機関などの合意を得た上で不動産を売却し、返済しきれなかった債務を残したまで抵当権を解除してもらうことができるようになるのです。任意売却を利用することによって、条件が厳しい競売にかけられる前に、住宅の売却ができるようになります。メリットの面を考えるなら、できるだけお願いした方が良いでしょう。

任意売却について

関連エントリー

任意売却とは何か 任意売却の流れ 任意売却のメリット 任意売却の注意点 任意売却の無料相談